moKA建築工房
moKA建築工房

blog moKA通信

一覧へ戻る

ACミラン@サンシーロ

2012年5月3日

欧州サッカー

イタリアの旅ではカルチョ(伊語でサッカー)も堪能。
(その国の文化に触れるという事です。。。)
ミラノではACミランの本拠地サンシーロへ。
元々は2階席だったスタジアムに3階席を増築。
円形の列柱が元のスタジアムを取り囲むように建ち、3階席を支えてるんでしょう。

長友が所属するインテルもここが本拠地。
実はACミランとインテルは元々1つのチーム。
ACミラン所属の外国選手が多くなり過ぎ、内部分裂があってインテル・ナシオナルとして
独立したわけです。
その名残として、未だにインテルはスターティングにイタリア人選手が極わずか。。。
ということでホームスタジアムは兼用しています。
スタジアムの別名「ジュゼッペメアッツァ」は、インテルで活躍した選手の功績をたたえて
命名されましたが、あくまで(我々)ミラニスタはサンシーロと呼びます。。。

ミランの歴史は100年以上(実に1899年創設)でビッククラブならではのミュージアムも併設。
過去のトロフィー、カップや。

歴代の活躍選手のユニフォームなどがショーケースに飾られてます。
敬愛するパオロマルディーニ!
その横は現在レアルマドリードのカカ。

シェフチェンコ。

現役の主力。イブラヒモビッチ。

インテルもあります。
長友のユニフォーム発見!たいした扱いです。

サンシーロの模型も。

スタジアムツアーにも参加。(ゲームがない昼間限定)
ガイドの解説付きで内部にも潜入できます。
客席からのピッチ。

会見通路。
ゲーム終わりにメディアが選手を呼び止めインタビューするとこです。

ピッチ横客席下の関係者スペース。

ロッカールームにも入れます!
ミランのロッカーへ。
胸が高まります。。。

ロッカー!
スターティング選手用に革シートが備わってます。

ここが「歴代インポータントな選手が座るシートだと。。」説明があり、
マルディーニもこのシートだったと!!
(しかも座ってOKで、もちろん座りました)

インテルのロッカーも。

こちらは差別では?と思う程質素でベンチ式。
ちなみに長友がいつも座るのは、モニターの向かって左すぐの場所だと。

スタジアムにはショップが併設。
(もちろんインテルのグッズも売ってます)

サンシーロのミニチュア買いました。
(こんなの買うの僕くらいでしょう。。。)


あとは欧州チームスタジアムへ出向いた記念にミニボールを買うのがお約束。
ここではミランとインテルを両方。もうひとつは次節で触れるフィレンツェで。

ちなみに過去にスペインではバルサのカンプノウ、レアルのサンチャゴベルナベウ。
オランダではアヤックスのスタジアムでも購入です。

他にはスリッパも。。。
さっそく自宅のスリッパラックに飾って!ます。

ちなみにミラノのホテル滞在中にちょうどチャンピオンズリーグの日程と重なり、
ラウンジのTVでリアルタイムで中継放送が。
外国人宿泊客も釘付けの様子。

準決勝1leg・1試合目がレアルvsバイエルン。
終了間際にバイエルンのマリオゴメスが決め勝ち越し。
その瞬間TV観戦の数人が吠えてました。。。(ドイツからお越しなんですね、と。。。)
翌日のガゼッタスポルトです。

翌日の2試合目 バルサvsチェルシーもホテルでTV観戦。
(ちなみにイタリア勢は準々決勝でミランがバルサに負けて敗退)
どうしたバルサ!
翌日のガゼッタ。ドログバが決めましたねー

時も絶ち、チャンピオンズリーグ2legも終わり、決勝進出は誰も予想しなかったであろう
バイエルンvsチェルシー。。。。。
ファイナルでのクラシコ対決観たかったのに残念。
ということで、カルチョ三昧はフィレンツェへと続く。。。。。

page top

moKA通信 最新記事

2018.05.23 建築+Live@静岡
2018.05.15 モード学園課題〜地階のある住宅
2018.05.10 愛知産業大学学外講義@一宮〜岐阜

Archive