moKA建築工房
moKA建築工房

blog moKA通信

一覧へ戻る

ドイツ建築視察vol.3

2015年6月3日

旅行

第4番目の街、ヴァイマール。
こちらが中央駅だが牧歌的な雰囲気。
そう、この街は「古典主義の都」ということで世界遺産登録されている(1998年)

街並みもまるでテーマパークのように整然として、重厚感というより
淡い色彩の建物が多く穏やかな印象。



18世紀、文豪ゲーテが生涯の大半を過ごした場所で当時はヴァイマール公国だった。
ちなみにこちらがゲーテが住んでいた家。

1919年にはヴァイマール憲法という民主的な憲法が制定され、ドイツで最初の共和国が誕生。
そしてヴァイマールはバウハウス学校の発祥の地でもある。
ということでバウハウス博物館。




次はいよいろバウハウス校舎があるデッサウです。

page top

moKA通信 最新記事

2018.05.23 建築+Live@静岡
2018.05.15 モード学園課題〜地階のある住宅
2018.05.10 愛知産業大学学外講義@一宮〜岐阜

Archive