moKA建築工房
moKA建築工房

blog moKA通信

一覧へ戻る

紙コップで建築教室

2012年1月29日

ライフ

所属するJIA(日本建築家協会)青年委員会で毎年恒例となっている
小学校での建築教室を今年も開催。
昨年度は割り箸での建築体験でしたが、今年は紙コップで企画。
尾張旭市の某H小学校で、五年生を対象に行いました。
生徒のみんなが体育館に集合。
6班に分かれてもらいます。

使用するのは班当たり3600個の紙コップ。

積み方のコツなど簡単にレクチャーしていざチャレンジ。

基本的にコップとコップの間に股がって積むのですが、ちょっとずつ
ズレていったりすると崩れてしまいます。

 
背が高くなるとこれまた不安定で、誰かが脇を勢いよく走っただけで風の勢いだけで崩れたり
床をどんどん足踏みしただけで崩れたり、そのカンジが ”構造”の体験かな、と。
みんなコツをつかむと”意匠性”にも興味が湧くんですね。

こんなカンジで出来上がりました!

このチームは中が人が通れるように工夫して積み上げました。
まさに造形美ですね!

制限時間がきてみんな他のチームの”作品”を確かめあったあと。。。。。
号令の合図で一気に崩します!!

ただ乗せてせているだけで軽いコップなので、いとも簡単に雪崩のように
崩れる様は、ある種の爽快感!?
建築的には惨事に直結する事象ですが、子供達にはコレも楽しかったよう。
最後はきちんと全員でお片づけです。

page top

moKA通信 最新記事

2018.05.23 建築+Live@静岡
2018.05.15 モード学園課題〜地階のある住宅
2018.05.10 愛知産業大学学外講義@一宮〜岐阜

Archive