moKA建築工房
moKA建築工房

blog moKA通信

一覧へ戻る

庭園勉強会@名古屋市千種区 古川爲三郎記念館 

2016年7月5日

ライフ , 建築

先日、所属する建築士会企画の庭園勉強会参加のため、古川爲三郎記念館へ。

途中、覚王山の花屋クライアントさんのところを訪ねたところ、古川美術館の一連の施設に

お花を納めているということが判明。

御両者の歴史に身が引き締まります。。。

さて、今回の勉強会講師の野村勘治先生は、愛知万博日本庭園監修をはじめ、桂離宮など

日本の名庭を百以上も研究された方。

江戸時代まで遡る、ここ名古屋の「庭」の歴史から始まり、爲三郎記念館の庭と建築の成り立ち

などかなり奥深いレクチャー。

Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE

意図的に花を配さない庭と、床間に花を一輪だけ配す建築との関係。

Exif_JPEG_PICTURE

広縁には市松の無双窓や、円形下地窓など桂離宮の意匠があり、これはアイコニックでした。

Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE

その後、野村先生が庭のお世話をしているという近くの個人邸へ。

紅葉と松で構成され、屋内から観る南北に配された庭の抜け、規模だけではない

その奥深さは圧巻。

松は高い位置で適度に日差しを遮り苔むす庭をつくり、紅葉はその葉が「透ける」ことで目線が抜ける。

樹種の選定にも計算された深い意味があることを知らされました。

 

池下覚王山界隈はその昔、名古屋の別荘地だったという、当時からの庭が受け継がれていることが

とても素晴らしいと只々感服でした。

 

page top

moKA通信 最新記事

2018.05.23 建築+Live@静岡
2018.05.15 モード学園課題〜地階のある住宅
2018.05.10 愛知産業大学学外講義@一宮〜岐阜

Archive