moKA建築工房
moKA建築工房

blog moKA通信

一覧へ戻る

蓼科トレッキング

2017年11月30日

デザイン , ライフ , 建築 , 旅行

6月八ヶ岳開山祭から5ヶ月、キャプテン山荘からの閉山祭と題した1泊2日トレッキング。

1日目は山荘から徒歩で。

横谷観音展望台から山々を望む。

大瀧神社、ご神体が黒曜石。

台風の爪痕、橋になぎ倒された木。

水道管が破裂、漏水からの氷結。

「マイナスイオン個数がやたら多い場所」表示のマップ。

おしどり隠しの滝付近ではマイナスイオンが15,000個/1cc

あちこちに氷瀑。

カラマツは鹿などによって幹が傷つけられると、繁殖本能により大量に球果(松かさ)をつける。

寿命を迎えたカラマツを人為的に伐採、処分する事も森の未来には死活問題。

この辺り一体は戦後植林されたカラマツ林、無作為な針葉樹の植林は地表面の採光を遮り、土はやせていく一方。

落葉樹なら落ち葉が腐葉土となり地表が育つのにと。

今回もキャプテンの森のレクチャーは勉強になった。

 

夕暮れ時の蓼科湖。

キャプテン山荘で朝を迎え、窓越しに見る蓼科山。

2日目はすずらん峠園地から。

初夏の開山際とは別景色。

白樺湖脇のスキー場を登る

頂部は既に雪斜面。

2in1スキー場頂上付近から望む蓼科山。

page top

moKA通信 最新記事

2018.12.04 建築士会見学ツアー@滋賀
2018.11.26 COMME des GARCONS のブランディング
2018.11.18 「醸し出す建築」

Archive