moKA建築工房
moKA建築工房

blog moKA通信

一覧へ戻る

バレエ教室現場

2012年9月26日

建築

以前も紹介したバレエ教室現場の進捗。
鉄骨の建方。

レッカーで柱を吊り込み柱脚を固定、その後梁をボルトで繋いでいきます。

主たる構造が組み上がったら、野地板(屋根の下地)を貼り、鋼板製の屋根材を
敷き並べ、ハゼ部をかしめていきます。

野地板にアスファルトルーフィング(防水シート)を敷きます。

外壁の下地ボードも貼り、内部の空間のボリュームが伺えるように。

バレエ教室なので床の下地は衝撃性が重要。
コンクリートに直仕上げでなく木製の大引と根太で床組を形成します。
最終的には合板下地にバレエ専用の樹脂床シートを施工することになります。
上部に見えるキャットウォークは、全体練習の際、先生が見渡すためのスペース。

外部には足場と養生シートを。

今秋完成目指して工事中です。

page top

moKA通信 最新記事

2018.10.17 モード学生引率見学 @LIXILショールーム
2018.10.06 建築家横内敏人氏講演会
2018.09.27 大阪出張

Archive