moKA建築工房
moKA建築工房

blog moKA通信

一覧へ戻る

韓国ソウル建築探訪2

2013年8月13日

旅行

ドミニク・ペロー設計の梨花女子大学へ。
校門を入るとすぐ正面に、下りのスロープがみえてくる。


小高い丘の地面に潜り込むように造られた建築。
1月に訪れた半田市・新見南吉記念館を彷彿させる(規模は比ではないが。。。)
下りきって振り返ると。

丘である地面を支えるオーバーハングした梁。
その下は吹抜、階段スペース。
カーテンウォールは外部側にマリオンがあり、ボルト露出のわりには鏡面塗装がしてある。。。
「地下」であることを忘れそうなくらい開放的で明るい空間。
まさに地下であることを忘れ、エレベーターに乗ったら「B1,B2,B3,B4」とあって
上行くのか、下に行くのか混乱。。。

この建物内にはなんと映画館や。

ATMだけじゃない、ちゃんとした銀行窓口も。

世界的な建築家を迎え入れている以上、建築デザイン科的なものがあるんでしょう。
ホールに学生の作品らしきものが。


広大な敷地。

カトリック系の名門大学だということで、立派な教会も。

ただしキャンパスを一歩出ると、そこは小道にお店がひしめきあう学生街らしい風景。

江南区のアプクジョンは地下鉄開通、新駅も誕生し活気づく。
ロデオ通りにはgood designな飲食店がいくつもある

駅前にはヴィトン。設計は青木淳じゃなさうだし?永山祐子?

夜の電飾で一変!

国賓も利用する新羅ホテルは今年8月に70億円も投じて改修リニューアル。
実は8/1の再オープンから6日目にもかかわらず雨漏り。
最上階の23階フロアが閉鎖される事態だったらしい。

そんなことはつゆ知らずラグジュアリーな内装を観察。
ロビー。

レストラン。


宿泊したHYATTのあるエリア、梨泰院(イテウォン)は山の手で高級住宅が多く。

目抜き通りにはこじゃれたショップが建ち並ぶ。



偶然にもギャルソンを発見。

5Fまでギャルソンづくし。

ちなみに明洞のロッテ百貨店別館にはワンフロアにコルソコモが出店してた!
去年訪れたミラノの本店よりも内容充実。。。
青山の店も閉めたのに何故ソウルに!

page top

moKA通信 最新記事

2018.10.17 モード学生引率見学 @LIXILショールーム
2018.10.06 建築家横内敏人氏講演会
2018.09.27 大阪出張

Archive