moKA建築工房
moKA建築工房
blog moKA通信 一覧へ戻る

2014-15 クラシコvol.1

2014年10月26日

欧州サッカー

今シーズン1回目のクラシコ。
(去年の模様はこちら
試合前日の監督インタビュー。
アンチェロッティのサプライズとは。。。

ルイスエンリケはあの噛み付きスアレスを起用することを明言。

そしてスタメン。
レアルは怪我のベイルをのぞけばほぼベストメンバー。

バルサはスアレスをなんと先発に。
シャビを置くところが経験重視。

現地解説は元日本代表宮本氏。
実況の方の手には現地新聞。
「EXPO MUNDIAL。。。」まさにこの試合はサッカーの国際博覧会だと。。。。

両者の公式戦初対決は100年以上前まで遡り、これまでの成績は若干レアルが上回り、
ホームではやはり優勢。

そしてバルサは今シーズンここまで負けなしのさらに無失点。
レアルとの差は勝ち点4。
ぜひともレアルが勝ってもらって拮抗したリーガを期待するところ。

5階席まであるサンチャゴベルナベウはブルー一色。
2008年にベルナベウで実際にクラシコ観戦しましたが、そのときの興奮がよみがえる。。。
リーガにも関わらず、デシマ(CL10賞)の横断幕。

選手入場。
ネイマールもただいま絶好調。

ロナウドvsメッシだけじゃない様相がいい。

いよいよ試合開始。

開始4分にいきなりスアレスからのパスをうけたネイマールがセンターに切れ込んで
バルサが先制。
レアル守備陣コンタクトもなく大丈夫か。。。
しかし、レアルはPエリア内でセンタリングに滑り込んだピケ(ちなみにシャキールの旦那)
が痛恨のハンドでPK獲得。
これをCR7が確実に決めて同点。

後半はペペのヘッドと、ベンゼマのシュートで加点し、レアルに軍配。
バルサも惜しいシーンがあったが迫力に劣った。
スアレスは動きはよく、チームにフィットしていたので今後必ず活躍すると思う。
レアルは影の立役者、右のカルバハルと左のイスコが抜群の働きをしたのが勝敗を分けたかな。。。
とにかく今後のリーガは引き続き面白くなりそうである。。。

page top

moKA通信 最新記事

2019.08.07 乗鞍サイクルヒルクライム2019参加
2019.07.20 モード学園課題 美容学科コラボ
2019.07.02 ファスティング for ヒルクライム

Archive

所在地

株式会社 moKA建築工房(一級建築士事務所)

貴船salon(自邸)

愛知県名古屋市名東区貴船1丁目267-5

上社office

愛知県名古屋市名東区上社3丁目802 サルム上社105