moKA建築工房
moKA建築工房

blog moKA通信

一覧へ戻る

あいちトリエンナーレ2

2013年10月28日

アート

トリエンナーレ、レポート2
所属するJIA(日本建築家協会)でも、ブースを出展。

紙コップ積みや、段ボールでの仮設ベンチ製作など、ワークショップを。
(あまりお手伝いできませんでしたが。。。)

名古屋市美術館(黒川紀章設計)へ。
こちらの展示会場は特に建築色が色濃く出てました。
建築家・青木淳(ルイヴィトン路面多数設計)の作品は、25年前に設計された
名古屋市美術館を再読し、空間や動線の一時的なリノベーションを試みる。

建築家/建築史家・藤森照信
路上観察学会の盟友、赤瀬川原平の自宅タンポポハウスや、ツリーハウスを
あちこち設計しており、今回の作品も空中に浮かぶ「空飛ぶ泥舟」だと。

アルフレッド・ジャー(チリ)
東北の震災地を訪れた際に、学校を失った子供たちと過ごした時間と、
その先の未来を多くの人に描いてもらうための「チョーク」をモチーフにした作品。

中央広小路ビル。
建築家・藤村龍至
中京都の構想を見据えた新庁舎のシュミレーションを模型で何パターンも表現。

長者町エリアから、伏見地下街。
打開連合設計事務所(台湾)
これはよくメディアで紹介されてましたね。
いわゆるだまし絵です。

リゴ23(ポルトガル)
旧玉屋ビルに描かれた壁画は1952年に名古屋で撮影された写真に写る労働者のイメージを
表現したもの。
戦後の復興を連想させ、さらなる変化に満ちた未来を映し出している。

奈良美智。
奈良氏は愛知県立美術大学出身で、いまや世界的アーティスト。
彼の声かけで集まったアーティスト達でカフェや、ギャラリー空間を企画。

他にもオノヨーコや、建築家石上純也の作品も鑑賞(写真撮影NG)
冒頭に触れた通り建築家が数多く作品を出展。
アートというよりメッセージ発信のための媒体と解釈。
この「「国際芸術祭」」が成功だったのかは、数字ではかれるものでもないですが、
ここまで建築家を起用しなくても、と、個人的には思うところでした。。。

page top

moKA通信 最新記事

2018.10.17 モード学生引率見学 @LIXILショールーム
2018.10.06 建築家横内敏人氏講演会
2018.09.27 大阪出張

Archive