moKA建築工房
moKA建築工房
blog moKA通信 一覧へ戻る

外壁タイルと目地の関係

2012年7月17日

建築

以前進捗報告した現場での外壁タイル施工途中でのレポート。
INAXボーダータイル「ライトクリスタ」を採用したのですが、このタイルの寸法は
タテが4cm、ヨコが24.8cmで横方向に連続張り、これに対して横目地巾が1cmと
比較的広い目地の設定。
目地をこ詰めていない状態だとタイルの色ムラが目立つのがおわかりになるでしょうか。

実はタイルの焼きムラではないかとINAXの担当者にも現場に来てもらって確認を
とったのですが、目地を詰めるとこれが目の錯覚で色ムラが掻き消され。。。
説明で納得したのがタイル4cmで目地が1cm。
目地は外壁全体の20%を占める訳です!
目地の色でここまでイメージが変わることを改めて実感した次第です。
外壁の上層部だけ目地を詰めた状態で写真を撮影。
違いが感じとれます。

page top

moKA通信 最新記事

2019.08.21 愛知産業大学建築設計スクーリング@松山
2019.08.07 乗鞍サイクルヒルクライム2019参加
2019.07.20 モード学園課題 美容学科コラボ

Archive

所在地

株式会社 moKA建築工房(一級建築士事務所)

貴船salon(自邸)

愛知県名古屋市名東区貴船1丁目267-5

上社office

愛知県名古屋市名東区上社3丁目802 サルム上社105